朝野工業株式会社 富山 魚津 土木・建築会社

朝野工業株式会社 富山 魚津 土木・建築会社

リクルート

Recruit

スタッフインタビューinterview

金山

土木部 金山雄平

2008年入社

人の手で造り出す仕事にたずさわりたかった。
なにより自分が作った建造物が残るのが嬉しいです。

土木の仕事について教えてください。

現場の施工管理が主な仕事です。施工管理は、工事を進める上での頭脳となる重要な役割を担っており、工事の成否に大きく関わる責任ある仕事です。
土木の仕事は、自身が携わった仕事が目に見える形で残るので「これは私が作ったのだ」という達成感とやりがいを感じられます。

現在はどのような現場で仕事をされているのですか。

現在は地下横断歩道を移設する工事を担当しています。バイパスに併設されている既存の地下横断歩道があるのですが、バイパスの拡幅計画に伴い、地下道を移設させる工事です。今回の工事はその第一段階です。
金山

仕事をする上でのこだわりや信念はありますか?

土木では同じ内容の業務が発注されることがあり、他社が手掛けたそれらの現場と比較される場面があります。せっかくやるならより良いものを作りたいですし、比較される以上、他社には負けたくありません。「朝野工業に任せてよかった、次も朝野工業に任せたい」と思っていただけるような仕事をするために、常に向上心を持って仕事に取り組むことを大切にしています。

朝野工業を選んだきっかけはなんだったのでしょうか?

選択肢として製造業もあったのですが、体を使った仕事をしたかったことと、単純な流れ作業ではなく自分で考えて動く仕事をしたいという思いがあり、建設業界に絞りました。その中から、当時の恩師の勧めもあり朝野工業を選びました。
職場に馴染めるかなど不安に思うこともありましたが、入社してみると、先輩方はとても気さくな方ばかりで、安心感がありました。困ったことや分からないことがあればすぐに相談でき、仕事もやりやすいです。
金山

入社希望者に一言お願いします。

初めは分からないことばかりで戸惑うことがあると思います。しかしそれは誰もが通る道ですし、心配する必要はありません。朝野工業には経験豊富なスタッフがたくさんおり、やる気のある方を全力でサポートする体制と社風があります。やるときはやる、楽しいときはとことん楽しく。朝野工業はメリハリを持って働ける楽しい会社ですよ。
一覧に戻る